本文へスキップ

東北情報通信懇談会は、東北地方における産官学を結集して情報通信の普及促進を図り産業経済活動の活性化・住民生活の向上に寄与する活動を続けています。

TEL. 022-215-7604

〒989-3204 宮城県仙台市青葉区南吉成6-6-3

公募プロジェクトSUPPORT PROJECT

公募の概要

1 趣 旨
  本会が、東北における情報通信の普及促進に資する提言・提案を積極的 に行っていくためには、各分野で様々
 な活動を実施している本会会員が主体となって調査研究することが、より現実的かつ新規性・多様性に富んだ具体
 的提案が可能となることから、本会の新たな事業として公募プロジェクトを実施するものです。

2 概 要
  本会の目的である地域の特性に応じた情報通信の普及促進、発展を図るため、本会会員自らがプロジェクトテー
 マを企画し、複数の会員との連携による検討会議や実験的取組などを行う調査研究活動を会員から公募し、これを
 本会事業として実施するものです。

3 事業のポイント
 (1) プロジェクトは複数の会員が連携して実施するものであること。
 (2) プロジェクトは非営利であり、特定の団体等の収益活動に関与しないものであること。
 (3) プロジェクトに要する必要は原則として本会が負担すること(但し、1件30万円を上限)。
 (4) プロジェクトは本会の事業として実施し、報告書は一般に公開すること。
 (5) プロジェクトは公募とし、審査の上採択するものであり、提案内容の評価や予算により不採択になる場合もあ
  ること。


募集要領

■平成29年度募集要領

                                           平成29年8月1日
 会員各位

    東北情報信懇談会支援事業委員会平成29年度 公募プロジェクトの二次募集について

 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 平素は、東北情報通信懇談会に対し、格別のご協力とご支援を賜り厚くお礼申し上げます。
 さて、当懇談会では、本会の目的である地域の特性に応じた情報通信の普及促進、発展を図るため、本会会員自らが複数の会員との連携により実施する検討会、実験的取組などの調査研究活動を公募し、これを本会事業として実施しております。
 ついては、平成29年度公募プロジェクトに係る二次募集を下記により行いますので、お知らせいたします。

                        記

1 対象プロジェクト
  東北における地域情報化の普及促進に資する提言・提案を行うため複数の本会会員が連携して検討会議や実験的
 取組などを行う調査研究活動とします。但し、営利を目的とせず、且つプロジェクトの成果が特定の者のみに寄与
 しない活動に限ります。

2 対象者 プロジェクトの代表者は本会会員に限ります。

3 本会負担金 プロジェクト1 件当り30 万円を限度として、その実施にあたり支出した費用を本会が負担するもの
 とします。
  なお、本会の負担金は、事業採択後速やかに交付しますが、事業を実施した結果、支出した費用が本会の負担金
 を下回った場合は、その差額を本会に返納していただきます。交付の対象となる経費は、プロジェクト遂行に直接
 要する経費とします。但し、飲食費や恒常的経費(光熱水費、家賃等)などは交付の対象から除かれます。

4 実施主体 プロジェクトの実施主体には、本会を入れるものとします。

5 実施期間 平成30年3 月末までに終了するものでなければなりません。但し、複数年度にわたる事業も可としま
 す。この場合であっても、年度毎の計画を策定し、年度毎の報告書を作成しなければなりません。また、次年度の
 事業採択を約束するものではありません。

6  応募方法 所定の応募用紙(様式1−3:事業提案書)に必要事項を記入の上、郵送するものとします。(応募
 用紙は本会ホームページ からダウンロードできます。)

7 応募締切り 平成29年9月29日(金)必着  なお、採択決定は平成29年10月下旬を予定しています。

8 その他
 (1) 応募多数の場合、又は審査の結果、内容が不適当と評価された場合は、不採択となる場合があります。
 (2) 事業実施後は、速やかに所定の様式により実施報告書を提出していただきます。
 (3) プロジェクトの成果として成果報告書を作成し、成果報告書は、本会ホームページ、メルカート等で公開し
  ます。 ※ 詳しくは電話にてお問い合わせ下さい。

      【お問い合わせ先・申込書送付先】
       〒980-8795 仙台市青葉区本町3-2-23 東北総合通信局 情報通信連携推進課内
       東北情報通信懇談会 支援事業委員会 事務局
       担当:鹿野田、原子  Tel:022-215-7604
                E-mail:


公募事業の概要

平成26,27年度事業
事業の名称:
 3.11震災時の県域ラジオの放送内容の分析
事業の目的:
 発災直後からの県域ラジオの放送の録音素材を文字に起し、県域ラジオ局から発信された被災状況や避難者情報の量と質の時間的推移と取扱い情報の地理的分布状況を可視化する。ラジオが果たすべき防災・減災に有益な情報伝達の在り方を検証する。
事業実施会員名: 
 株式会社フロムいわて
連携して事業を実施する会員名:
 株式会社IBC岩手放送
平成26年度事業報告平成27年度事業報告
 
平成25年度事業
「震災復興に向けてコンテンツの持つ力(地域資源の観光、アニメ、農業等)のスマートフォン活用による調査研究」【報告】
平成23年度事業
「災害時における通信と放送の役割についての調査研究会」【報告】
平成22年度事業
「地方発モバイルビジネスモデル創出に係る研究」【報告】
平成21年度事業
「地方発モバイルビジネスモデル創出に係る研究」【報告】
平成19年度事業
「産学連携型実践的PLBによる地域産業の振興に関する継続的研究【報告】
平成18年度事業
「産学連携型実践的PLBによる地域産業の振興に関する研究」【報告】